So-net無料ブログ作成
検索選択

かんざしの修理 [修理]

今回の修理は次女から依頼のあった、かんざしである。
私の奥さんが安く手に入れたのだが、柄が折れて初めてプラ製と認識したらしい。
プラならお手の物である。
そのまま接着する、所謂いもづけだと再度簡単に折れる可能性があるので、金属棒を埋め込んで接着する。

折れた両端の中心にピンバイスで穴を開けるが、目分量で中心を出すのが難しい。
治具でも自作すればいいんだろうが、今回はいつもどおりのてーげー手法だ。

穴あけ後真鍮線を差し込んで合わせると、大きなずれもなくこのままゼリー状の瞬間接着剤で接着。
通常の瞬間接着剤だと微調整する時間が無いので(出来る種類もあるが手持ち無し)。

その後接続部分が目立たない様に紙やすりをかけたが、パーティング・ライン(合わせ目)が気になったので、大胆にやすった。
そして仕上げにプラモデル用のラッカーで塗装し、ポリマーでコーティングして完成。

kanzashi1.jpg

kanzashi2.jpg

kanzashi3.jpg

kanzashi4.jpg

kanzashi5.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る