So-net無料ブログ作成
検索選択

摘心 [庭木]

摘心なんて言葉は今年グリーンカーテン用に育てている、ゴーヤの育て方をネットで検索するまで知らなかった。

元々植物なんて興味なかったし、むしろ女々しいと軽蔑してたと言った方がいいだろう。
花を見て名前が言えたのは....タンポポ、菜の花と紫陽花にパンジー、ツツジとか数える程だ。
あ、チューチップも判る。

で、我が家のゴーヤであるが、結構成長した割には実が余りついていない。
これまた今回知ったのだが、ゴーヤには雄花と雌花があって、当然雌花が無いと実がならないんだと。
我が家のゴーヤは雄花が殆どなのである。 そういえば昔の会社に尾花さんて先輩がいたなぁ。
今どうしてるんだろ。

雌花が少ないのでこれまたネットで調べたら、雌花は子づるや孫づるに咲く事が多いと書いてあった。
子づるや孫づるを出すには摘心といって親づるの先端をちょん切るのである。
今回は殆ど我が家のゴーヤは摘心していない。

本当に切っちゃっていいのだろうかと言う不安もあったし...。
でも結果が今の状況を生んでいるんだよなぁ。
つるも横に広がらないので、グリーンカーテンと言うには恥ずかしい感じ。

来年は勇気を出してネットで調べたとおり葉が4・5枚のときに摘心するぞ。
とここでふと思った。
成績のいい社員ばかりを優遇していると、ゴーヤみたいに収穫も少ない会社になるんじゃないかと。他の人が成長しないからね。
あ、別に前にいた外資系の会社の事を言ってる訳じゃありませんよ。
成績不振の今の状況の原因はそれだけじゃ無いと思うから (棒)。
メッセージを送る