So-net無料ブログ作成

ゴリラの修理 [修理]

この前の日曜日、原付と次女の自転車が置いてある場所の草取りをした。
草取りの邪魔になるので、原付と自転車を駐車場に移動して、草刈は終了。
ついでに長い事乗っていない原付のお掃除もやった。

掃除の後エンジンを掛けてみたら、掛かった後すぐエンストしてしまう。
燃料コックがOFFの位置にあるのに気付き、RES(リザーブ)の位置にセット。
するとキャブレターがオバーフローを起こした。
夕方だったので、その日はそれ以上何もせず、原付と自転車を元の位置に戻した。

昨日オーバーフローの原因をネットで調べたら、キャブレターの分解をしろと書いてある。
そして本日キャブレターの分解を実施。
フロートは異常無しだったが、フロートの上下動に合わせて動く部品が固着してた。
紙やすりで汚れを除去し、スムースに動く事を確認後組み付けた。

そしてエンジンを掛けたが、始動せず。
いろいろチェックすると、今度は逆にガソリンがキャブレターに流入してない模様。
再度分解してみたら、フロート室からガソリンが流れ出た。 あれれ?

入念にキャブレターを見たら、空気圧を送るための通気口が汚れで塞がっているのを発見。
綺麗にして組み付けドレーンを空けると、ガソリンが排出されるのを確認。
しかしこの後スターターペダルをキックしても、エンジンは始動せず。
うーん、困った。
プラグを抜こうにも工具が無い。こりゃ長期戦だな。

cab01.jpg

cab02.jpg

水洗トイレの水タンク修理 [修理]

暑い!

昨日と今朝は幾分涼しい感じがしたけれど、きっと普段が暑すぎてそう思えるのかもしれない。
こんな暑いときは本当に通勤しなくていい身分をあり難く思う。
しかし電気代が高いので、もっぱらエアコンではなく、自然の風で涼んでいるので、多少リスクはあるが。 (無風で酷暑の場合はエアコン入れてる)

で、自由気ままで模型を作る時間がタップリある私ですが、何故か家庭(屋上)プランター菜園や孫の世話、パソコンとか昼寝などに時間を取られて、すっかりプラモはご無沙汰状態である。

今週の月曜日は祭日(海の日)で、家族もいないし久々にプラモでも作るかと思った次第。
ところが家族が出かけてから、一階のトイレを使った後水を流すレバーを操作しても、手洗い用の蛇口から水が出ない。
おまけにタンクの中から「シューシュー」と音がする。

早速TOTOの取り扱い説明書その他を引っ張り出して調べると....最初にフィルターの目詰まりを疑えとある。
マイナス・ドライバーで水の元栓を締めてから、フィルターを引き抜いてみたが、見た目は綺麗である。
フィルターを元に戻して、手順にあった様に手洗いの出水口をコップではなく、孫の遊び道具のタッパウエアで覆い、元栓を開けると....ちゃんと水が手洗い出水口から出てくる。

治ったと思い元栓を締めてタンクカバーと上部の陶製カバーを付けて、再度元栓を開けると...「シュー  シュー シュー...」と音がして、手洗い用の吐水口からは水が出て来ない。
再度元栓を締めて、カバーを外して、タッパーをかぶせて元栓開けてを数回繰り返した。

判っているのは浮き玉レバーの所から水が漏れている事。
何故漏れるんだといろいろとチェック。
どうもレバーの先端に付いている弁座パッキンが、小さい穴を完全に塞いで無いからじゃないかと推測。
二階のトイレの該当部品を交換すると、ちゃんと流れる。弁座パッキン不良が原因だ。

と思ったのだが、改めてネットで検索するとダイヤフラムの不良もあるらしい。
そこで浮き玉レバーを交換してみると、症状が変わらないではないか。
ここで犯人はダイヤフラムと判明。アブナイアブナイ。
違う部品を入手するところだった。

東急ハンズかセキチューにダイヤフラムを買いに行こうかと思ったが、暑いのでやめた。
先ほどのネットで見た記事を書いている会社が送料無料で、本体価格も高くなかったので、そこに発注したのであった。
辻村:http://www.rakuten.co.jp/auc-tsujimura
諸費税込みで703円。ポイントを使って442円で入手。

本日部品が届いたので早速交換し、元通りになったのであった。
部品が届くまでは二階から外したパーツで使用したので、特に家族から苦情は出なかった。
めでたし めでたし。

あ、プラモ作れてない...。

temp1.jpg

temp2.jpg
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。