So-net無料ブログ作成

コネクター修理マン参上! [修理]

昔、住人が全員スーパーマンで、自転車が壊れると電話ボックスでツナギに着替えた「自転車修理マン」が現れて、修理をするというモンティ・パイソンのギャグを見て笑ったが...本日私はコネクター修理マンとして活動した。(着替えはしない)

化粧中の次女からipad-miniのコネクターが壊れて、本体から先端の金属部品が抜けないとの報告。
精密ピンセットや、手持ちの工具を使っても抜けてこない。
じゃ、瞬間接着剤を白いプラに塗って...と方針を変更。
ちゃんと接触するか差し込んで、抜いてみたら一緒に金属部品がくっついてきて解決。
所要時間は約30分。
cable.jpg

キッチンの吐水パイプ交換 [修理]

我が家も今年で築15年。入居は2000年8月4日だった。
15年も経つと、あちこち保守が必要になってくるが、今日はキッチンの水栓の吐水パイプを交換した。
はっきりと記憶に無いのだが、浄水器を付ける段階で吐水口の樹脂部品を外した事があった。
多分その時の影響かと思うが、後年そのねじ穴部分から漏水したのだ。
調べるとネジ受けのタップの所が、いわゆるバカになっていて、そこから漏れていたので、応急処置として平ナットをパイプの内側に接着して、ネジが閉まる様にした。
blog4.jpg

しばらくはそれでOKだったが、平ナットは鉄製の為錆びて最終的には腐食で跡形も無くなった。
再度同様の処置をしていたが、再発したので諦めて部品交換をする事にした。

メーカーはMYMと言う会社であったが、すでに無くなってKVK社に吸収されている。
以前部品を購入した事があるので、今回も同社の楽天ストアから発注する事にしたが、発注まで部品確定その他で少々時間がかかってしまった。
我が家のと全く同じ製品は見当たらなかったが、同じ部品と思われるものを発注し、昨日届いた。

blog1.jpg

本日午後から部品交換を開始。
最初は水道メーター横の元栓を閉じる。

blog2.jpg

それからキッチンのシンクの下の元栓を閉めるが、前回何故か湯の元栓を閉めても止まらなかった。
コマ交換がいるのだろうか...まあ、ここは後日でも構わない。
ハンドルのカバーを取って、ネジを緩めてハンドルを外し吐水パイプ上部の部品を外して、購入した部品と交換。
あとは逆の手順で組んでいくが、ついでに外した部品を掃除してから組み付けた。

blog3.jpg

元栓を開いてちゃんと漏水無しで、水が出る事を確認して完了。

/

雨水管詰まり解決 [修理]

昨晩からの雨で、外が暗く起床が普段より遅かった。
8時15分過ぎに居間へ行き、朝食をいただく。雨だれの音が意外と大きく聞こえる。
原因が判っているので、妻が気づいて何か言わないか気が気では無かった。

原因は屋上の植物の落ち葉や、土など園芸のために出たごみが雨水管を詰まらせたからである。
つい一か月ほど前に、初めて屋上の植物達を見た妻に「落ち葉など掃除しないと雨水管が詰まるよ」と言われた後の出来事だった。
知られるとまたなんだかんだ言われるので、ここはこっそりと対処しようとしたのである。
洗面台などのパイプクリーナーを買って、やってみたものの落ち葉などの大きなゴミは想定外なのであろう、貫通は出来なかった。
ネットでいろいろと調べたが、多くは予防に関するもので、詰まった場合はトイレなどで使うサクションを利用する、やパイプの接合部を外す程度のものしか無かった。

後日電気掃除機で吸引をしてみたが、結局排水は勢いよく流れては行かず、ある程度の水量になると四角い受けから流れ出てしまうのであった。
その流れ出た水がダイニングの近くの庇に当たって、大きな音を立てるのである。

今日妻が美容院へ出かけた後、またパイプクリーナーの先端に小細工をして、貫通を試みたが見事失敗した。
小細工とは防水型のスプリングの先端に、やや太い真鍮線を取り付けて、落ち葉を粉砕....出来なかった。
ひとつ困ったのは屋上から出ている排水管から、雨水が出て行けず屋上が水浸しになるのである。
排水管と雨水受けの高低差が無いのである。

苦肉の策として雨水受けにたまった水を、デッキブラシの先端がスポンジになったもので掻き出す事にした。
何度かそれを繰り返していたら....ちょうどサクションの様な働きをした様で、雨水が見る見るうちに吸い込まれていった。
屋上に溜まっていた水もどんどん減っていき、5分も経たないうちにすっかり排水されたのであった。

やれやれ。

PC修理した [修理]

先月従兄弟に頼まれた、自作PCの修理。
彼女の兄が組み立てたPCが、電源を入れても立ち上がらないと言う。
前回はBIOS画面さえ出ないので、リチウム電池を疑いCMOSクリアーや電池を新品に換えた。
勿論ディスプレーは問題無い事は確認済み。
ビデオカードやメモリーのリシートをしてもNGだったので、あえなく白旗。

そして本日再挑戦!
自宅から余ってるビデオカードと、メモリーを持参して修理に臨んだ。
最初に再度メモリーのリシートをするも、反応なし。
メモリーを外して電源を入れると、ちゃんとビープ音がするので、原因はメモリーと判った。
持参したメモリーに交換する前に、念のためメモリースロットを変えて装着し、電源ON!

見事PCが立ち上がりました。BIOSで日時設定後画面にWindoes2000のロゴが。
Windows2000久々に画面見た (笑)

かんざしの修理 [修理]

今回の修理は次女から依頼のあった、かんざしである。
私の奥さんが安く手に入れたのだが、柄が折れて初めてプラ製と認識したらしい。
プラならお手の物である。
そのまま接着する、所謂いもづけだと再度簡単に折れる可能性があるので、金属棒を埋め込んで接着する。

折れた両端の中心にピンバイスで穴を開けるが、目分量で中心を出すのが難しい。
治具でも自作すればいいんだろうが、今回はいつもどおりのてーげー手法だ。

穴あけ後真鍮線を差し込んで合わせると、大きなずれもなくこのままゼリー状の瞬間接着剤で接着。
通常の瞬間接着剤だと微調整する時間が無いので(出来る種類もあるが手持ち無し)。

その後接続部分が目立たない様に紙やすりをかけたが、パーティング・ライン(合わせ目)が気になったので、大胆にやすった。
そして仕上げにプラモデル用のラッカーで塗装し、ポリマーでコーティングして完成。

kanzashi1.jpg

kanzashi2.jpg

kanzashi3.jpg

kanzashi4.jpg

kanzashi5.jpg

水道の修理 [修理]

しばらく修理をしてなかったが、水道の不具合が発生。
以前も同様の症状で修理経験があるので、今回は余りてこずらずに出来ると判断。

症状としては蛇口のプラ部品の止めネジ部分からの漏水である。
本来ならこのネジはタップネジとして使用されているのだが、経年とともに径が広がり、
ネジ単体では締めることが出来なくなったのである。

前回は平ナットを使ったのだが、鉄製だったので錆びて崩壊した模様。
浄水器の金属メッシュフィルターにそのかけらを見て、状況を理解した次第。
そこで今回はステンレスのナットを、手持ちの在庫より探し出して使うことにした。
なかなかステンレスの3mmナットが見つからなかったが、タミヤのRCカーのギアに付いていた物がピッタリ!

早速浄水器を取り外し、蛇口のネジを外し(ナットが無いので空回りし焦ったが)、プラ部品を外すと案の定ナットは影も形も無く...。
そのままナットを置くだけではネジが空回りするので、クリアボンドで固定するも、水分のためか固着せず。
結局水分を除去して瞬間接着剤で止めた。

何回かリトライしたが、最終的にうまくネジが締まり浄水器を取り付けて完成。
流水テストも問題なく、本日の修理作業完了!

jaguchi2.jpg

jaguchi1.jpg

jaguchi3.jpg

ゴリラのエンジン掛かった [修理]

プラグに合うソケットを買って帰宅したが、プラグ専用のソケットじゃなかったので、使えなかった。
手持ちのソケットの受けが小さいやつに、プライヤーがうまく入ったので、それを使ってプラグを外した。
なんとカーボンで真っ黒! 早速カッターと紙やすりで綺麗にして再装着。

見事にエンジンが掛かった。 後はマフラーの穴塞ぎをすればもっと良くなる。


plug1.jpg

plug2.jpg

ゴリラの修理 [修理]

この前の日曜日、原付と次女の自転車が置いてある場所の草取りをした。
草取りの邪魔になるので、原付と自転車を駐車場に移動して、草刈は終了。
ついでに長い事乗っていない原付のお掃除もやった。

掃除の後エンジンを掛けてみたら、掛かった後すぐエンストしてしまう。
燃料コックがOFFの位置にあるのに気付き、RES(リザーブ)の位置にセット。
するとキャブレターがオバーフローを起こした。
夕方だったので、その日はそれ以上何もせず、原付と自転車を元の位置に戻した。

昨日オーバーフローの原因をネットで調べたら、キャブレターの分解をしろと書いてある。
そして本日キャブレターの分解を実施。
フロートは異常無しだったが、フロートの上下動に合わせて動く部品が固着してた。
紙やすりで汚れを除去し、スムースに動く事を確認後組み付けた。

そしてエンジンを掛けたが、始動せず。
いろいろチェックすると、今度は逆にガソリンがキャブレターに流入してない模様。
再度分解してみたら、フロート室からガソリンが流れ出た。 あれれ?

入念にキャブレターを見たら、空気圧を送るための通気口が汚れで塞がっているのを発見。
綺麗にして組み付けドレーンを空けると、ガソリンが排出されるのを確認。
しかしこの後スターターペダルをキックしても、エンジンは始動せず。
うーん、困った。
プラグを抜こうにも工具が無い。こりゃ長期戦だな。

cab01.jpg

cab02.jpg

水洗トイレの水タンク修理 [修理]

暑い!

昨日と今朝は幾分涼しい感じがしたけれど、きっと普段が暑すぎてそう思えるのかもしれない。
こんな暑いときは本当に通勤しなくていい身分をあり難く思う。
しかし電気代が高いので、もっぱらエアコンではなく、自然の風で涼んでいるので、多少リスクはあるが。 (無風で酷暑の場合はエアコン入れてる)

で、自由気ままで模型を作る時間がタップリある私ですが、何故か家庭(屋上)プランター菜園や孫の世話、パソコンとか昼寝などに時間を取られて、すっかりプラモはご無沙汰状態である。

今週の月曜日は祭日(海の日)で、家族もいないし久々にプラモでも作るかと思った次第。
ところが家族が出かけてから、一階のトイレを使った後水を流すレバーを操作しても、手洗い用の蛇口から水が出ない。
おまけにタンクの中から「シューシュー」と音がする。

早速TOTOの取り扱い説明書その他を引っ張り出して調べると....最初にフィルターの目詰まりを疑えとある。
マイナス・ドライバーで水の元栓を締めてから、フィルターを引き抜いてみたが、見た目は綺麗である。
フィルターを元に戻して、手順にあった様に手洗いの出水口をコップではなく、孫の遊び道具のタッパウエアで覆い、元栓を開けると....ちゃんと水が手洗い出水口から出てくる。

治ったと思い元栓を締めてタンクカバーと上部の陶製カバーを付けて、再度元栓を開けると...「シュー  シュー シュー...」と音がして、手洗い用の吐水口からは水が出て来ない。
再度元栓を締めて、カバーを外して、タッパーをかぶせて元栓開けてを数回繰り返した。

判っているのは浮き玉レバーの所から水が漏れている事。
何故漏れるんだといろいろとチェック。
どうもレバーの先端に付いている弁座パッキンが、小さい穴を完全に塞いで無いからじゃないかと推測。
二階のトイレの該当部品を交換すると、ちゃんと流れる。弁座パッキン不良が原因だ。

と思ったのだが、改めてネットで検索するとダイヤフラムの不良もあるらしい。
そこで浮き玉レバーを交換してみると、症状が変わらないではないか。
ここで犯人はダイヤフラムと判明。アブナイアブナイ。
違う部品を入手するところだった。

東急ハンズかセキチューにダイヤフラムを買いに行こうかと思ったが、暑いのでやめた。
先ほどのネットで見た記事を書いている会社が送料無料で、本体価格も高くなかったので、そこに発注したのであった。
辻村:http://www.rakuten.co.jp/auc-tsujimura
諸費税込みで703円。ポイントを使って442円で入手。

本日部品が届いたので早速交換し、元通りになったのであった。
部品が届くまでは二階から外したパーツで使用したので、特に家族から苦情は出なかった。
めでたし めでたし。

あ、プラモ作れてない...。

temp1.jpg

temp2.jpg
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。