So-net無料ブログ作成

ネキリムシ被害その2と3 [園芸]

玄関の右に野いちごの鉢植えがある。
以前から一部が枯れていて、奥さんが株分けをしないと...と言っていたので、本日やる事にした。
玄関先から道路際へ鉢を移動し、根の周りにシャベルを入れて株をj引き抜くと...あれれ!
チラっと白っぽい幼虫が....こいつネキリムシじゃないか。

私の水遣りが足りないから、枯れてると言われていたのは、実は無実の罪で犯人はコイツだったのか!
早速処刑に。
もっと早く害虫被害と気付いていれば良かったけれど、なにせ初心者。経験不足でそこまで気が回らなかった。
全部の幼虫を処刑するため、用土を全部外に出したが、これもまた鉢底の石が無い。
この鉢は私は今まで触っていないので、多分奥さんが入れ忘れたんだろう。

枯れた枝を全て切り取ると、随分とボリュームが少なくなってしまった。
鉢を綺麗に洗ってから、鉢底の石と新しい用土を入れて、先ほどの株を戻した。
元のように元気になってくれる様、しっかり面倒をみるからね。

この後屋上のプランター菜園のゴミを拾うために、トングとゴミ袋を持ってルーフバルコニーへ行った。
あらかたゴミ(といっても葉や枝や虫食いされた果実など)を拾った後に、茎が少しだけ残っているキュウリを抜くことにした。
茎を持って上に引くと、何の抵抗も無くスポっという感じで抜けた。
まるで根が無いような....待てよ。これもひょっとして....。
予想的中である。
ブルーベリーや野いちごと比較にならない程多くのネキリムシが、シャベルで掘り返すたびに現れる。
その都度プランターの外へ出して、処刑である。

最後にオルトラン粒剤を土に混ぜ込んでおいたが、後日再度チェックをする予定。
見つけたら必ず処刑する。
なぜってあんなに世話をした苗を枯らしたから。 結構おいしいキュウリだったのに。

ネキリムシ被害その1 [園芸]

玄関の横に置いてある、鉢植えのブルーベリーの一本の枝が枯れているのに気付いた。
水遣りは毎日かかさず実施しているので、水不足では無いようだ。
悲しいかな今年の二月から始めたので、園芸については経験が浅く原因が判らない。

そこで頼みの綱のネット検索!
今は本当に便利になったもんだ。「ブルーベリー 枯れる」なんてキーワードで結構な数がヒットする。
結局いろいろと見たところ、枯れる主な原因は3つあった。
1.水不足
2.根腐れ
3.ネキリムシ

ネキリムシ....初めて聞いた名前。早速ネットで調べると、「ヤガ(野蛾)の幼虫の総称」とある。
その日はもう遅かったので、翌日以降実際にブルーベリーを引き抜き、土の中をシャベルで掘り起こしたら...。

いました。小さい幼虫が。早速枯れた枝の無念を晴らすために処刑。
まだいるんじゃないかと思い、鉢の土を全て外へ出して...あれれ、鉢底に石が無いぞ。入れなかったのか。
土も粘土質になって、排水状態が最悪の様に見える。
こりゃ用土も入れ替えだわい。

作業を中断し着替えて、「サカタのタネ」から「ブルーベリーの土」を買ってきて、今度はしっかり鉢底の石を入れて、用土を入れてから先ほどのブルーベリーを植え戻し。
これでまた元気になってくれると、私としてはうれしいのだが。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。